日语论文答辩自述

时间:2018-01-24 论文答辩 我要投稿

  日语论文答辩自述一

  卒论の作成中、苦労した、困った、悩んだのは、どいう点か?

  この卒论はテーマの选択から书き上げるまでおおよそ二ヶ月を要しました。作成中、苦労した、困った、悩んだことはたくさんありました。たとえば、最初のテーマんの选択でした。兴味にあっているテーマがいっぱいあるが、そのなか、最も面白い、もっとも意义があるテーマの选択は难しいです。そして、テーマが决まった后、材料の采取も复雑です。そのテーマとしっかりつながる材料が集めがたいで、面倒な仕事です。また、以前论文のような文体の文章を书いたことがなかったから、卒论の书式99形式のことはよく知らなかったんです。书式の転换も工夫を注ぎました。しかし、この卒论を书くにあたっておおぜいの人とたくさんの书物から贵重なアドバイスを得ました。特には指导教师の八幡启先生です。彼の指导の下で、顺调に论文を完成しました。 先生に深い感谢の意を表したいです。

  3. 卒论を书き终えて、どんな成果、収获が得られてか?

  卒论はいよいよ书き终りました。大学の生活も一カ月后终わります。この卒论は私の大学の生涯に终止符を打つと言えます。この卒论を通じて、私もいろいろなことを习得しました。まず、知识を広げました。以前、その领域についての认识は皮相な见方で、いま、深く入り込むことができます。森鴎外、『高瀬舟』という文章、この文章で反映する日本の独特な文化に、ある程度の理解があるようになりました。そして、态度の重要性が分りました。自分の责任にまじめな态度が要ります。精力を费やして、全部の力を使ってことを完成すべきです。このことに対するの认识は何より重要だと思います。また、世界が大きい、知识も豊かで、自分の能力で解决できない问题が多いです。外界の援助がこの状况で重要です。コンピュータと他人の経験をよく利用して、自分の知识とものになるのが必要です。自分が整体の一部分として、団结互助で自分の道で进んで行くのです。以上が私はこの卒论から得た成果です。

  日语论文答辩自述二

  私の卒论のテーマは「 』について」です。そのテーマを选んだ理由はいろいろあります。まず、私は日本の文学に深い兴味を持っています。どんな民族にも自分の特别な文化があります。文学は文化のありさまといえます.文学の方向から、大和民族の文化を研究することができます。そして、日本の文坛で、私が一番好きな作家は森鴎外です。夏目漱石と并んで日本近代文学の双璧と言われている鴎外は、文章が端正で格调が高く、情感表现の点でも非常に优れています。彼は西欧の合理的精神と东洋的伦理の二つの异なる世界観の间で悩んでいます。とても面白い作家です。最后に、『高瀬舟』という文章の主题は「幸福観」と「安楽死」です。生と死は人间にとって永远に続く命题のひとつです。その二つの主题について、すでにたくさんの学者によって研究されて来ました。私は自分の人生経験を踏まえて、この二つの问题を考えみたいです。以上がこのテーマを选んだ理由です。

日语论文答辩自述相关推荐